JavaScriptプログラムに関する各種メモ書き

JavaScript の querySelector の書式入門

jQueryが使えない環境やメモリ的にjQueryを使用したくない場合のDOMセレクターにJavaScriptのquerySelectorがとても便利に使えます。

jQueryが使えないiMacros環境でも使用できます。

querySelector()  : セレクターに最初の要素ひとつを返す
querySelectorAll() : セレクターに合致した全ての複数の要素を返す。(DOMオブジェクトの配列で返る)

● JavaScript クエリセレクタの使い方例

・ID・クラス名で指定

window.document.querySelector("#my_id");
window.document.querySelector(".my_class");
window.document.querySelector([class='my_class']);

・その他いろいろな指定方法

window.document.querySelector("input[type='checkbox']");
window.document.querySelector("table[class='shipInfo'] tr td:nth-of-type(1)");
window.document.querySelector("tr > td");
window.document.querySelectorAll(".my_class");

・残念ながら使えない指定方法(文字列●●●を含む要素)

window.document.querySelector( 'tag:contains("●●●")' );

↑これは使用できません。 (Xpathなら取得できるのですが)

・xpathとクエリセレクタの変換

http://bit.ly/2b5BzLI
http://bit.ly/2bht2by


関連エントリー

No.1050
08/31 14:09

edit

iMacros
jQuery
DOM
xpath