JavaScriptプログラムに関する各種メモ書き:タグ「画像」での検索

背景画像の遅延読み込み(lazy load)をするlazysizes.js

● lazysizes.js

https://github.com/aFarkas/lazysizes

画像を画面に表示される直前に読み込む lazysizes.js 軽量でjQueryも必要ありません。

 

<script src="/js/lazysizes.min.js" async=""></script>

背景画像を遅延読み込みするには下記コードを追加します

<script>
  document.addEventListener('lazybeforeunveil', function(e){
      var bg = e.target.getAttribute('data-bg');
      if(bg){
          e.target.style.backgroundImage = 'url(' + bg + ')';
      }
  });
</script>

HTMLは以下のように修正します

<p style="background-image:url(large.jpg)">テスト</p>

 ↓

<p class="lazyload" data-bg="large.jpg">テスト</p>

● lazysize.js で画像を読み込み時にフェードインさせる

cssに以下を記述して読み込ませます `css .lazyload, .lazyloading {

opacity: 0;

} .lazyloaded {

opacity: 1;
transition: opacity 1000ms;

}


No.1026
11/28 12:28

edit

画像

jQuery(Javascript)で表示中のディスプレイが retina対応か判別する

jQuery(JavaScript)でRetina対応ディスプレイかどうか判別して、出力する画像(プリロードする先読み画像)の種類を分けたい時があります。

JavaScriptのみで対応可能です。 以下のように判別します。

var retinaCheck = window.devicePixelRatio;
if(retinaCheck >= 2) {
	alert('retina対応ディスプレイです。');
}
No.1004
02/08 16:51

edit

画像
jQuery

ドラッグ&ドロップで複数ファイルファイルアップロード + 進捗(プログレスバー)表示する Dropzone.js

ファイルアップロードシステムを作るには Dropzone が簡単で便利です。 以下の様な特徴があります。

・jQueryを必要としない。(共存可能です。以下の例ではjQueryと併用します。)
・ドラッグ&ドロップでファイルアップロードが行える
・非同期でファイルアップロードが行える
・ファイルアップロード中の進捗バーを表示することが出来る

使い方は簡単です。

1. ファイルのダウンロード と用意

必要なファイルは

dropzone.js (ダウンロード)
dropzone_config.js (自分で作成)
dropzone_upload.php (自分で作成)
dropzone.css (自分で作成)

です。

■ dropzone.js

https://raw.githubusercontent.com/enyo/dropzone/master/dist/dropzone.js ( .jsファイル)
からダウンロードして保存します。

■ dropzone_config.js

dropzone_config.jsは以下のように作成しておきます (※要追加) のところは適宜追加すること。

$(document).ready(function() {
$('#image_drop_area').dropzone({
	url                          : './js/dropzone_upload.php',
	paramName                    : 'file',
	maxFilesize                  : 999 , //MB
	addRemoveLinks               : true ,
	previewsContainer            : '#preview_area' ,
	thumbnailWidth               : 50 , //px
	thumbnailHeight              : 50 , //px
	dictRemoveFile               :'[×]' ,
	dictCancelUpload             :'キャンセル' ,
	dictCancelUploadConfirmation : 'アップロードをキャンセルします。よろしいですか?' ,
		uploadprogress:function(file, progress, size){
		file.previewElement.querySelector("[data-dz-uploadprogress]").style.width = "" + progress + "%";
	},
	success:function(file, rt, xml){
		// それぞれのファイルアップロードが完了した時の処理(※要追加)
		file.previewElement.classList.add("dz-success");
		 $(file.previewElement).find('.dz-success-mark').show();
	},
	processing: function(){
		// ファイルアップロード中の処理(※要追加)
	} ,
	queuecomplete: function(){
		// 全てのファイルアップロードが完了した時の処理(※要追加)
	} ,
	dragover: function( arg ){
		$('#' + arg.srcElement.id).addClass('dragover');
	} ,
	dragleave: function( arg ){
		$('#' + arg.srcElement.id).removeClass('dragover');
	} ,
	drop: function( arg ){
		$('#' + arg.srcElement.id).removeClass('dragover');
	} ,
	error:function(file, _error_msg){
		var ref;
		(ref = file.previewElement) != null ? ref.parentNode.removeChild(file.previewElement) : void 0;
	},
	removedfile:function(file){
		delete_hidden('dropzone_files[]',file.xhr.response);
		var ref;
		(ref = file.previewElement) != null ? ref.parentNode.removeChild(file.previewElement) : void 0;
	} ,
	canceled:function(arg){
	} ,
	previewTemplate : "\
	<div class=\"dz-preview dz-file-preview\">\n\
	  <div class=\"dz-details\">\n\
	    <div class=\"clearfix\">\n\
	      <img class=\"dz-thumbnail\" data-dz-thumbnail>\n\
	      <div class=\"dz-success-mark\" style=\"display:none;\"><i class=\"fa fa-2x fa-check-circle\"></i></div>\n\
	    </div>\n\
	    <div class=\"dz-progress\"><span class=\"dz-upload\" data-dz-uploadprogress></span></div>\n\
	    <div>\n\
	      <div class=\"dz-filename\"><span data-dz-name></span></div>\n\
	      <div class=\"dz-my-separator\"> / </div>\n\
	      <div class=\"dz-size\" data-dz-size></div>\n\
	      <div class=\"dz-error-message\"><span data-dz-errormessage></span></div>\n\
	    </div>\n\
	  </div>\n\
	</div>\n\
	"
});
});

■ dropzone_upload.php

dropzone_upload.phpは以下のように作成しておきます

<?php
$ds = DIRECTORY_SEPARATOR;
$store_folder = dirname(__FILE__) . $ds . '..' . $ds . 'data' . $ds . 'tmp' . $ds;
// echo $store_folder;
if (!empty($_FILES)) {
	$temp_file = $_FILES['file']['tmp_name'];
	$ext = get_ext($_FILES['file']['name']);	// ファイル名から拡張子を取得
	$target_file = basename($_FILES['file']['tmp_name'].$ext);
	$ja_file     = $_FILES['file']['name'];
	$target_file_fullpath =  $store_folder . $target_file;
	move_uploaded_file($temp_file, $target_file_fullpath);
	echo "{$target_file}\t{$ja_file}";		// 英語ファイル名[TAB]日本語ファイル名 を返す
}

//========== _get_ext mime-typeを調べて拡張子を返す
function get_ext($file_name){
	$p = pathinfo($file_name);
	if ( isset($p['extension']) ){
		return '.'.$p['extension'];
	}
	else{
		return '';
	}
}

■ dropzone.css

dropzone.cssは以下のように作成しておきます

#image_drop_area {
	text-align: center;
	padding: 20px 0;
	height: 70px;
	width: 100%;
	color: #666;
	background-color: #f9f9f9;
	border: 4px dotted #bbb;
}
.dragover {
	color: #111               !important;
	background-color: #f1f1f1 !important;
	border: 4px dotted #777   !important;
}
.dz-preview {
	margin: 5px 0;
	padding: 10px;
	float: left;
	background-color: #F5F5F5;
	border-radius: 5px;
}
.dz-details {
	padding: 0;
}
.dz-filename , .dz-size, .dz-my-separator , .dz-remove {
	font: 11px "Lucida Grande", Lucida, Verdana, sans-serif;
}
.dz-filename , .dz-my-separator, .dz-size , .dz-error-message {
	float: left;
}
.dz-my-separator {
	width: 20px;
	text-align: center;
}
.dz-size {
	margin-top: 1px;
}
.dz-progress {
	width: 500px;
}
.dz-progress .dz-upload {
	display: block;
	border: 5px solid #1E9BFF;
	border-radius: 2px;
}
.dz-remove {
	float: left;
	margin-left: 5px;
}
.dz-thumbnail {
	margin-bottom: 3px;
}
.fa-check-circle:before {
	color: #93C54B;
}
.dz-thumbnail , .dz-success-mark {
	display: block;
	float: left;
}
.dz-success-mark {
	height: 25px;
	margin-left: 5px;
}

2. htmlファイルからdropzoneを読み込み

(formタグのactionは dropzone_upload.phpである必要はありません。通常のフォーム送信CGIでOKです。)

<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>dropzone test</title>
<script type="text/javascript" src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.10.2/jquery.min.js"></script>
<script src="dropzone.js"></script>
<script src="dropzone_config.js"></script>
<link href="dropzone.css" type="text/css" rel="stylesheet" />
</head>
<body>
<form action="XXXXXX.XXX">
    <div id="image_drop_area" >ここにアップロードファイルをドロップ</div>
    <div id="preview_area" class="dropzone-custom"></div>
</form>
</body>
</html>

以上です。

No.982
01/22 23:37

edit

HTML5
フォーム
jQuery
Ajax
画像

ウィンドウサイズ変更を検知してサイズによって画像サイズを変更する

以下のようにウィンドウサイズによって画像サイズを変更したい時があります。

・画面サイズ(横幅)が800px 以下の場合は 800px固定

・画面サイズ(横幅)が800px 以上の場合は 100%(横いっぱい)

jQueryを使って以下のようにします。

<img id="hogehoge" src="./test.jpg" width="800" />
<script>
function liquid_image(){
	var wh = jQuery(window).height();
	var ww = jQuery(window).width();
	if (ww > 800){
		jQuery('#hogehoge').css("width", "100%");
	}
	else{
		jQuery('#hogehoge').css("width", "800px");
	}
}
jQuery(document).ready(function(){
	liquid_image()
});
jQuery(window).resize(function(){
	liquid_image()
});
</script>

jQueryのウィンドウサイズ変更を検知するイベント

jQuery(window).resize(function(){
// ここに処理を記述
});

jQueryの画面スクロール変更を検知するイベント

jQuery(window).scroll(function () {
// ここに処理を記述
});
No.869
01/26 19:25

edit

画像
jQuery

jQueryで画像にマスクをかける画像ギャラリー【mbmaskedgallery】

■ mbMaskedGallery.js (要jQuery)

http://pupunzi.open-lab.com/2009/02/16/mbmaskedgallery/

サンプルは以下のとおり

<script type="text/javascript" src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.6.4/jquery.min.js"></script>
<script src="mbMaskedGallery.js" type="text/javascript"></script>
<script type="text/javascript">
$(function(){
	$("#id名").mbMaskGallery({
		type:"normal",			// または "random"
		transition:"crossfade",		// または "normal"
		galleryMask:"photo.png",	//マスクする画像
		galleryColor:"black",		//マスクの背景色
		galleryLoader:"loader.gif",	//ローディング画像
		loaderOpacity:.3,		//ローダーの透明度
		loader:true,			// または "false"
		fadeTime: 200,			//フェードの時間
		navId:"",
		nextPath:"",
		prevPath:"",
		slideTimer: 2000
		changeOnClick:false,

	});
});
</script>
<body>
<div id="sample">
<img src="g/sky.jpg">
<img src="g/muuu_01.gif">
<img src="g/muuu_02.gif">
<img src="g/muuu_03.gif">
</div>

No.819
10/04 13:54

edit

jQuery
画像

最も簡単な画像のロールオーバー導入方法 (jQuery)

■ jQuery用プラグイン jquery.easyrollover.js を使用します。

■ 1. scriptファイルを読み込ませます

<script type="text/javascript" src="js/jquery.js"></script>
<script type="text/javascript" src="js/jquery.easyrollover.js"></script>

■ 2. ロールオーバー画像ファイル名の最後に _on をつける。

例: 【image.gif】 の場合 【image_on.gif】

■ 3. HTMLの<img>タグに属性 class="rollover" を追加する

<img src="image.gif" >
  ↓
<img src="image.gif" class="rollover" >

以上の手順で完了。

簡単です。

jquery.easyrollover.js のダウンロードはこちらから↓

添付ファイル1
No.579
01/21 10:20

edit

添付ファイル

jQuery
画像