npmでパッケージのバージョンを調べる

● npmでパッケージのバージョンを調べる

npm show 【パッケージ名】 versions

● npmでパッケージのバージョンを調べる(バージョン指定)

次の例ではバージョン3以下のバージョンすべてを表示します

npm show 【パッケージ名@3】 versions

● npmで特定のバージョンのパッケージをインストールする

次の例ではバージョン3.19.0の eslint をインストールします

npm install eslint@3.19.0
No.1153
06/16 12:39

edit

JavaScript自動整形PrettierをSublime Textから使用できるようにする

● JavaScript自動整形PrettierをSublime Textから使用できるようにする

・Js Prettier

https://packagecontrol.io/packages/JsPrettier

● Js Prettierのインストール

Sublime Textのパッケージコントローラーからインストールします

(command + shift + p) →【Install Package を選択】→【Js Prettierを選択】

● Js Prettierの設定

【Package settings】→【JsPrettier】→【settings - Default】を選択して設定ファイルを開きます
次の2つの項目のパスを設定します。

例:)

	"prettier_cli_path": "/Users/hogehoge/.nodebrew/current/bin/prettier",
	"node_path": "/Users/hogehoge/.nodebrew/current/bin/node",

#・パスの調べ方

which prettier
which node

● Js Prettierの実行

(command + shift + p) →【JsPrettier:Format Codeを選択】

とても便利なのでぜひショートカットを設定しましょう。

● Js Prettierのショートカット設定(ctrl+pで起動する場合)

    // JsPrettier
    { "keys": ["ctrl+p"], "command": "js_prettier" } ,
No.1152
06/16 11:33

edit

node.js

JavascriptのソースチェックESLintと自動整形ツールPrettierをインストールする

今時ES6 JavaScriptで記述することが多くなったので
コード検証ツールにESLint、自動整形ツールにPrettierをインストールしてSublimeTextから使用できるようにします。

● ESLintのインストール

npm install -g eslint

● Prettierのインストール

npm install -g prettier

● PrettierによるJavaScriptソースコード自動整形のテスト

ここまでの状態で自動整形のテストを行います
test.js ファイルを用意して自動整形してみます

prettier test.js 

ターミナル画面(標準出力)に自動整形した結果が表示されます。
実際に自動整形してファイルを更新するには( --write )オプションを使用します。

prettier --write test.js

● ESLintによるJavaScriptソースコード検証のテスト

※1. .eslintrc.js の生成

eslint test.js と行きたいところですが、まず設定ファイルを作成します。 懸賞したいファイルがあるディレクトリから

eslint --init

を実行すると対応形式で設定ファイル( .eslintrc.js )が生成されます こんなファイルです

module.exports = {
    "env": {
        "browser": true,
        "es6": true
    },
    "extends": "eslint:recommended",
    "parserOptions": {
        "sourceType": "module"
    },
    "rules": {
        "indent": [
            "error",
            4
        ],
        "linebreak-style": [
            "error",
            "unix"
        ],
        "quotes": [
            "error",
            "single"
        ],
        "semi": [
            "error",
            "always"
        ]
    }
};

※2. eslintの実行

eslint test.js 

でソースコードの検証が実行されます。

● ESLint検証ルール( .eslintrc.js )をカスタマイズする

.eslintrc editor
https://pirosikick.github.io/eslintrc-editor/

● Airbnb JavaScript Style Guideに沿ったESLintを設定する

「Airbnb JavaScript Style Guide」はなかなか厳格なルールなので
既存のプロジェクトにいきなり当てはめるには無理がありますが
どの程度厳格なソースフォーマット指定なのか体験しておくだけでも価値があると思います

・ Airbnb JavaScript Style Guide

https://github.com/airbnb/javascript

・ Airbnb JavaScript Style Guide に沿ったESLintを設定します

npm init -y
npm install --save-dev eslint-config-airbnb eslint-plugin-import eslint-plugin-react eslint-plugin-jsx-a11y eslint
{
  "extends": "airbnb"
}

● Sublime Textから使用できるようにする

JavaScript自動整形PrettierをSublime Textから使用できるようにする

No.1151
06/16 11:34

edit

node.js

gulpで作成したwebサーバーにiphoneからアクセスする

● gulpfileの設定

gulpfile.js

var webserver = require('gulp-webserver');
gulp.task('webserver', function() {
  gulp.src('./www/') //Webサーバーで表示するサイトディレクトリ
    .pipe(webserver({
      livereload: true,
      host: '0.0.0.0', // ← 0.0.0.0を設定すると同一ネットワーク内から見ることができます
    }));
});



● gulp webserverの起動

gulp webserver

● サーバーを立てたマシンのipアドレスを調べる(Macの場合)

システム環境設定 > ネットワーク > ipアドレス の欄を見てipアドレスを取得します

● iphoneからアクセスする

先ほど調べたipアドレスが192.168.0.10 の場合は iphoneから http://192.168.0.10:8000/ にアクセスします

No.1140
05/09 15:53

edit

node.jsでファイル一覧を取得する

ファイル一覧を取得する

Node.js でファイル一覧を取得するサンプルコード (2015-11-10) http://bit.ly/2q7nxjW

No.1136
04/25 00:50

edit

node.jsでオブジェクトの中身を一気に表示する

node.jsでオブジェクトの中身を一気に表示するにはconsole.logで表示しても良いのですが
次のようにすると楽に見れます

● utilのインストール

npm install util --save-dev

● utilの使い方

通常

console.log(results);

とする代わりに

var util = require('util');
console.log(util.inspect(results,false,null));

とします。

No.1135
04/25 00:41

edit

node.jsでphpと同じTwigテンプレートを使用する

● node.jsでphpと同じTwigテンプレートを使用する

システムの開発がphpかつテンプレートエンジンTwigを使用する場合
デザイン過程で静的なhtmlを作戦する場合にもTwigを使用しておくとプログラムへのテンプレート化する時に
作業を省くことができます

実はGulpにはPHPと同じTwigテンプレートがあるのでこちらを使用します。
node.js とGulp はあらかじめインストールしておきます。

● Gulp でTwig を扱うgulp-twigをインストールする

npm install  gulp-twig  --save-dev

● gulp-twigでコンパイルするための設定を gulpfile.js に作成する

以下の仕様でコンパイルするよう設定を記述します

● ./twig/ ディレクトリ以下の全ての html ファイルをTwigテンプレートを使用してコンパイルし、./www/ ディレクトリ内に生成する。
● アンダースコアで始まるファイルはコンパイルしない。

gulpfile.js 以下のとおり作成する

// twig コンパイル設定
var gulp   = require('gulp');
var twig   = require('gulp-twig');
var rename = require('gulp-rename');
gulp.task('twig', function () {
    'use strict';
    gulp.src(['./twig/*.html', './twig/*/*.html', '!./twig/_*.html'])
    .pipe( twig({}) )
    .pipe(gulp.dest('./www/'));
});

● gulp-twig によるコンパイルの実行

gulp twig

● テンプレートファイル内で書き出される html のファイル名を取得する

テンプレートファイル内に以下のように記述します

・gulp-twigの場合

{{ _target.relative }}

・PHP twigの場合

{{  _self.getTemplateName().__toString }}
No.1119
10/10 18:15

edit

Twig

node js でwindowsやMacのアプリケーションを制作することができる electron をインストールする

● electronとは?

electonとは html や css や javascript などといった web 制作の技術を使ってデスクトップ上のアプリケーションを制作しようというものです。 ( まず node js が必要になりますので node js のインストールを完了させておいてください )

● electron をインストールする

 npm install -g  electron
 npm install -g  electron-packager 

● Helloworldプログラムに必要な3つのファイルを用意する

index.html

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>Hello Electron!</title>
</head>
<body>
<h1>Hello Electron!</h1>
Node version: <script>document.write(process.versions.node)</script>,
Chrome version: <script>document.write(process.versions.chrome)</script>,
Electron version: <script>document.write(process.versions.electron)</script>.
</body>
</html>

main.js

const { app, BrowserWindow } = require('electron');
let win;
function createWindow() {
    win = new BrowserWindow({ width: 800, height: 600 });
    win.loadURL(`file://${__dirname}/index.html`);
    win.on('closed', () => {
        win = null;
    });
}
app.on('ready', createWindow);
app.on('window-all-closed', () => {
    if (process.platform !== 'darwin') {
        app.quit();
    }
});
app.on('activate', () => {
    if (win === null) {
        createWindow();
    }
});

package.json

{
  "name": "myapp",
  "version": "0.0.1",
  "main": "main.js"
}

● プログラムを実行する

electron .

● アプリを作成する(ビルド)

  1. electonのバージョンを調べる
    electron -v
    

    (例 : v1.6.2)

  1. electron-packagerアプリケーションを作成する
    electron-packager <ディレクトリ>  <アプリ名(拡張子は除く)>  --platform=darwin,win32  --arch=x64  --version=<バージョン>  --overwrite
    

● electron 関連リンク

https://qiita.com/tags/electron
https://teratail.com/questions/search?q=electron&search_type=and
http://bit.ly/2nYCc4d
http://bit.ly/2n8dA47

● 実際にelectronを使って制作されたプログラム

※ iCultus(常駐型カレンダー)

https://github.com/djyde/iCultus

※ comma-chameleon(CSVエディタ)

https://github.com/theodi/comma-chameleon

● MacからWindowsビルド用パッケージのインストール

nodebrew を使って以下のパッケージをインストールします

brew cask install xquartz(途中で管理者パスワードの入力を求められます)
brew install wine
No.1110
03/28 00:53

edit

node.js の 複数のバージョンを管理できる nodebrew をインストールする

● (Mac)まず homebrew でインストールしてある node.js nodebrew をアンインストールする

brew uninstall nodebrew
brew uninstall node

● (Mac または Linux)に nodebrew をインストールする

curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

.bashrc の最後にパスを追加

cd
vi .bash_profile

下記の2行を追加します

# nodebrew
export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

 
正しくインストールされたか確認します。

source ~/.bash_profile
nodebrew help

バージョンが表示されればOKです。

● nodebrew を使って好きなバージョンの node.js をインストールする

・インストール可能な node.js の全バージョンを表示する

nodebrew ls-remote

・(例)Node.js v7.10.0 バージョンをインストールする

nodebrew install-binary v7.10.0

・(例)Node.js v7.10.0 バージョンに切り替える

nodebrew use v7.10.0

・Node.js が正しくインストールされていることを確認する

node -v

バージョン名が正しく表示されればOKです。

No.1069
05/07 19:56

edit

node.js

node.js で sqlite3 を扱う

● node.js 用 sqlite3 モジュール「sqlite3」をインストールする

npm install sqlite3

● sqlite3のデータベース「mydb.sqlite3」を作成する

sqlite3 mydb.sqlite3

● 続けてデータベース内にテーブル「user_dt」を作成する

CREATE TABLE  user_dt  (
  data_id       INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT,
  user_name     TEXT,
  modified_date DATETIME
);

● .quit コマンドでsqliteを抜ける

.quit

● スクリプトファイル test.js を以下の内容で作成する

```
var sqlite3 = require('sqlite3').verbose();
var mydb    = new sqlite3.Database('./mydb.sqlite3');
mydb.run("INSERT INTO user_dt (user_name,modified_date) VALUES ('taro yamada', datetime('now', 'localtime') )");
```

##● スクリプトを実行してデータベースにデータを1件登録する
```
node test.js
```

##● node.js + sqlite3 で使用できる クエリービルダー
http://knexjs.org  
https://hiddentao.com/squel/  

##● node.js + sqlite3  で使用できる O/Rマッパー
http://docs.sequelizejs.com/en/v3/  
No.1068
12/09 16:35

edit

SQLite

ヘッドレスブラウザ(phantomJS, slimerJS )でWEBサイトをスクレイピングする

ヘッドレスブラウザ

● phantomJS

WebKit(Safari) ベースのヘッドレス(画面なし)ブラウザ

・phantomJSのインストール方法(Mac)

brew install phantomjs

・phantomJSのインストール方法(CentOS7)

yum -y install freetype
yum -y install fontconfig
npm install -g phantomjs

● slimerJS

Gecko(firefox) ベースのヘッドレス(画面なし)ブラウザ

・slimerJSのインストール方法(Mac)

brew install slimerjs

・slimerJSのインストール方法(CentOS7)

npm install -g slimerjs

● casperJS

ヘッドレスブラウザを簡単に扱うライブラリ(JavaScript)です。 このcasperJSから「phantomJS」または「slimerJS」を操作します。

・casperJSのインストール方法(Mac)

brew install casperjs

・casperJSのインストール方法(CentOS7)

yum -y install freetype
yum -y install fontconfig
npm install -g casperjs

● casperJSからブラウザを操作して画面のスクリーンショットを撮る

```
var AnchorArrays = [];
var casper = require('casper').create();
casper.start('http://flatsystems.net/kakunin.php', function() {
});
casper.then(function() {
    this.capture('kakunin.png');
});
casper.run();
```

###● casperJSからphantomJSで起動する
```
casperjs  test.js
```

###● casperJSからslimerJSで起動する
```
casperjs  --engine=slimerjs test.js
```
slimerJSで起動するときは ```--engine=slimerjs``` を追加します。


###● casperJSコードを実際のブラウザソースから生成する Chrome拡張機能
#####・Resurrectio
https://chrome.google.com/webstore/detail/resurrectio/kicncbplfjgjlliddogifpohdhkbjogm

No.1067
12/17 23:31

edit

スクレイピング
xpath
slimerjs
phantomjs

ブラウザ slimerjs(firefox)の使い方

slimerjs のインストール

Mac OSX の場合は brew でインストールできます

brew install slimerjs

slimerjs のバージョンを確認する

インストールが完了したらバージョンを確認しておきます

slimerjs -v

slimerjs でWEBページのスクリーンショットを撮る

```
var page = require("webpage").create();
page.open('http://zozo.jp/')
    .then(function(status){
        if(status === 'success'){
            console.log(page.title);
            page.render('test.png');
        }
        phantom.exit();
    });
```
実行します
```
slimerjs test.js
```


# slimerjs をCUI環境で実行させる
slimerjsはGUI環境下でないと動作しません。
CUIで実行すると
```
slimerjs --debug=true XXXXX.js 
```
```
Error: no display specified
```
というエラーになります。

そこで  CUI でも実行できるように Xvfb( X virtual framebuffer ) をインストールします。

```
yum -y install xorg-x11-server-Xvfb
```
    
Xvfbの使い方は 実行したい処理の前に ```xvfb-run``` を付け加えます
```
Xvfb slimerjs --debug=true XXXXX.js 
```
これでCUI下の環境でも実行できます。


No.1063
12/17 22:34

edit

phantomjs
slimerjs

Herokuでphantomjsを使う

Heroku上でヘッドレスWEBブラウザ phantom.js を使用するにはビルドパックを追加します。 ビルドパックをGithub上で公開してくれている方がいるのでありがたく利用させていただきます。

● heroku-buildpack-phantomjs

https://github.com/stomita/heroku-buildpack-phantomjs

ターミナルから以下を実行

cd "アプリのあるディレクトリ"
heroku login
heroku buildpacks:add --index 1 https://github.com/stomita/heroku-buildpack-phantomjs
git push heroku master

● phantomjs がHeroku上にあるか確認する

heroku run phantomjs -v

バージョンが帰ってくればOK

● Heroku上のphantomjsから他のWEBサイトにアクセスできるか確認する

・1.アプリのあるディレクトリに `phantom_test.js` ファイルを以下の内容で作成します。

var page = require('webpage').create();
page.open('http://yahoo.co.jp/', function(status) {
  console.log("Status: " + status);
  if(status === "success") {
    page.render('example.png');
  }
  phantom.exit();
});

・2.Heroku上に再デプロイします。

git add .
git commit -m "add buildpack"
git push heroku master

・3.phantomjsでスクリプトを実行します。

heroku run phantomjs phantom_test.js

「Status: success」が帰ってくればOK

● 日本語フォントを追加して文字化けを解消する

フォントは `./fonts` ディレクトリに .ttf フォントファイルを置いて git push すればOKです。
フォントファイルは著作権に注意して使用しましょう

・フリーの日本語フォントファイル Google Noto Sans

https://www.google.com/get/noto/#sans-jpan

・Heroku上の日本語フォントが正しく認識されているか確認する

heroku run fc-match sans:lang=ja
No.1061
12/17 17:33

edit

Heroku
phantomjs

Herokuのビルドパック(buildpack)の扱い方

Buildpacks | Heroku Dev Center

● 現在使用中の buildpack を表示する

heroku buildpacks

● buildpack をセットする

heroku buildpacks:set "ビルドパック名またはURL"

● buildpack を追加する

heroku buildpacks:add "ビルドパック名またはURL"

● buildpack を削除する

heroku buildpacks:remove "ビルドパック名またはURL"

● 全てのbuildpack を削除する

heroku buildpacks:clear
No.1060
10/03 14:47

edit

Heroku

node.js で phantomJSを使用する

node.js から phantomJSを使用するには下記2つの方法がおすすめです。

  • 1.モジュール Nightmare を使う方法(実行経過が見えるのでおすすめです。)
  • 2.モジュール node-horseman を使う方法

● 1.モジュール Nightmare.js を使って phantomJS を操作する

● モジュール nightmare , vo のインストール

npm install nightmare
npm install vo

● テストプログラムを実行する(Googleへアクセスしてタイトルを取得)

・下記コードを `test.js` で保存

var Nightmare = require('nightmare');
var google = new Nightmare()
    .viewport(1000, 1000)
    .useragent("Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/38.0.2125.111 Safari/537.36")
    .goto('http://google.com')
    .evaluate(function () {
      return {
        title: document.title,
        href : location.href
      };
    })
    .run(function(err, nightmare) {
        if (err) return console.log(err);
        console.log('Done!');
        console.log(nightmare);
    });

・テストコードを実行

node test.js

GoogleホームページのタイトルとURLが表示されればOKです。

● テストプログラムを実行する(niconicoへアクセスしてログインする)

・下記コードを `niconico_login.js` で保存

var Nightmare = require('nightmare');
var vo = require('vo');
vo(function* () {
  var nico_id   = '###メールアドレス###';
  var nico_pass = '###パスワード###';
  var nightmare = Nightmare({ show: true });
  var link = yield nightmare
    .goto('https://account.nicovideo.jp/login')
    .type('input[id="input__mailtel"]', nico_id)
    .type('input[id="input__password"]', nico_pass)
    .click('#login__submit')
    .wait(2000)
    .then(function() {
      console.log('終了しました');
    });
  yield nightmare.end();
  return link;
})(function (err, result) {
  if (err) return console.log(err);
});

・テストコードを実行

node niconico_login.js

ニコニコ動画にログインできればOKです。

● 2.モジュール node-horseman を使って phantomJS を操作する

● モジュール node-horseman のインストール

npm install node-horseman

● テストプログラムを実行する

・下記コードを `test.js` で保存

var Horseman = require('node-horseman');
var horseman = new Horseman();
var filename = 'test.png';
horseman
    .userAgent('Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:27.0) Gecko/20100101 Firefox/27.0')
    .open('http://www.google.com')
    .type('input[name="q"]', 'github')
    .click('[name="btnK"]')
    .keyboardEvent('keypress', 16777221)
    .waitForSelector('div.g')
    .count('div.g')
    .log() // prints out the number of results
    .screenshot(filename)
    .log(filename)
    .close();

・テストコードを実行

node test.js

Googleの検索結果の画面が test.png に保存されれば正常に動作しています。

参考 : https://www.sitepoint.com/?p=124173

No.1059
10/03 12:44

edit

PhantomJSの使い方

●インストール (MacOSX Homebrew を使ってインストール)

brew install phantomjs

●インストール (その他のインストール方法)

http://phantomjs.org/download.html

●PhantomJSの動作確認

`hello.js` という名前で下記のコードを保存します。

console.log('Hello, world!');
phantom.exit();

・実行します

phantomjs hello.js 

・実行結果



#●PhantomJSを使ってWEBページ(例:ヤフー)のページのスクリーンショットを撮る
####・page.js という名前で下記のコードを保存します。
```
var page = require('webpage').create();
page.open('http://www.yahoo.co.jp', function(status) {
  console.log("Status: " + status);
  if(status === "success") {
    page.render('page.png');
  }
  phantom.exit();
});
```

####・実行します
```
phantomjs page.js 
```

####・実行結果
同じフォルダに page.png というキャプチャ画像があれば成功です。
No.1058
09/25 13:59

edit

Herokuの使い方

● Herokuの使い方

(「ユーザー登録してWEBアプリをデプロイしてHeroku上で実行する」までの方法)

・1. Herokuへのユーザー登録

https://www.heroku.com/
からユーザー登録を行う

・2. Heroku Command Line(Heroku CLI)のインストール

https://devcenter.heroku.com/articles/heroku-command-line
からインストーラをインストール

・3. Herokuへログイン

heroku login

・4. ひな形を使ってデプロイをテスト

git clone https://github.com/heroku/ruby-getting-started.git
cd ruby-getting-started
heroku create

ここまで行うとURLが自動発行されます

https://XXXXX.herokuapp.com/ | https://git.heroku.com/XXXXX.git

git pushします

git push heroku master

No such app as XXXXX. というエラーが出るときは

git remote rm heroku

としてから

heroku create
git push heroku master

とします。

ブラウザで開く

heroku open

・5. node.js アプリをherokuにデプロイ

cd  "アプリのディレクトリ"

git init
git add .
git commit -m "first commit"

heroku create
git push heroku master
heroku open

・6. node.js アプリを修正した時の再デプロイ

git add .
git commit -m "change xxxxx"
git push heroku master
heroku open

・よく使うherokuコマンド

▼ herokuへログイン

heroku login

「メールアドレス」「パスワード」を入力してログインします。

▼ heroku上のアプリを表示

heroku apps

と入力すると herokuアプリが

hogehoge-fugafuga-12345
hunihuni-furifuri-67890

という風に表示されます。

▼ herokuアプリをブラウザで表示

アプリ hogehoge-fugafuga-12345 をブラウザで表示するには

heroku open --app hogehoge-fugafuga-12345

と入力します。 またはブラウザのアドレス欄に直接

https://hogehoge-fugafuga-12345.herokuapp.com

と入力してもOKです。

▼ heroku上のアプリを削除

アプリ hogehoge-fugafuga-12345 を削除するには

● 確認なしで削除
heroku apps:destroy --app hogehoge-fugafuga-12345 --confirm hogehoge-fugafuga-12345
● 確認ありで削除
heroku apps:destroy --app hogehoge-fugafuga-12345

▼ heroku上でbashを使用する

heroku run bash

▼ heroku上で任意のコマンドを使用する

・Heroku上のホームディレクトリのファイル一覧を表示

heroku run pwd ;  ls -la

・Heroku上のphantomjsのバージョンを表示

 heroku run phantomjs -v

●その他 Node.js が使える Paas

  • openshift
  • Google App Engine

node.js - How can I run latest version of node on Openshift? - Stack Overflow
Google App Engine Node.jsを試してみる。 GAE/Node.js - Qiita
Google App Engineを無料で運用する方法(2016年版) - koni blog

No.1057
06/16 12:33

edit

Heroku

node.jsのスクレイピングモジュール

● cheerio-httpcli

>Node.jsでWEBページのスクレイピングを行う際に必要となる文字コードの変換と、cheerioによってパースしたHTMLをjQueryのように操作できるHTTPクライアントモジュールです。

特徴 : **文字コード自動変換 , jqueryライクなセレクタ , フォーム簡易送信機能

https://www.npmjs.com/package/cheerio-httpcli

・インストール

npm install cheerio-httpcli

● osmosis

>HTML/XML parser and web scraper for NodeJS.

特徴 : xpathで要素の取得が可能 , Aタグのリンクを自動的に辿れる

https://www.npmjs.com/package/osmosis
マニュアル : https://github.com/rchipka/node-osmosis/wiki

・インストール

npm install osmosis

・スクレイピング例

【osmosis node.js】で検索した結果のリンクURLをスクレイピングします。

var osmosis = require('osmosis');
var url     =  'https://www.google.co.jp/search?client=safari&rls=en&q=osmosis&ie=UTF-8&oe=UTF-8&gfe_rd=cr&ei=JXMyWLv2NOjC8AernaPYAg#q=osmosis+node.js';
osmosis
.get(url)
.paginate("//*[@id='pnnext']",3)    // 最大 3ページ目まで
.set({
    'link_url'  :  ["//*[@id='rso']//h3/a/@href"] ,
    'link_title':  ["//*[@id='rso']//h3/a"] ,
})
.then(function( context, data){
    // console.log(context.request);
    console.log(data);
})
.done(function(){
    console.log("=================================\nscrape done.\n");
});

その他のスクレイピングモジュール : http://blog.webkid.io/nodejs-scraping-libraries/

No.1051
06/16 12:31

edit

xpath
スクレイピング