WEB制作(html・css(スタイルシート))に関する各種メモ書き:タグ「検索エンジン」での検索

<head>内に rel=”canonical”属性 を指定してサイト内の重複コンテンツを防ぐ

動的ページをサイト内に持っていると、セッションIDやトラッキングIDがURLに含まれ

一つ表示結果に対して複数のURLを保持するということが起きてしまいます。

例:sessionid や affid など

http://example.com/shop/index.php?product_id=32&highlight=green+dress&cat_id=1&sessionid=123&affid=431

そこで、検索エンジン各社は正規化さタグのサポートを始めました。

Google、Yahoo!、Microsoftの3社は2009年2月12日、共同で新しいタグ「 rel="canonical"」のサポートを開始した。rel="canonical"(属性)は、検索エンジンに正しいサイトのURLを認識(正規化、canonicalization)させるために使用される。

これは有効なので是非使用しましょう。

記述例

<link rel="canonical" href="http://www.example.com/dresses/greendress.html">

注意点

href属性には絶対URLが推奨されている

http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=139066#1

No.748
08/18 10:48

edit

検索エンジン

ブラウザごとの差異をリセットするCSSデフォルト(reset.css)の設定

ブラウザごとの表示の差をなくすために下記のようなリセットをするCSSを最初に読み込ませるといいです。(おすすめ順)
厳密には
・正規化するCSS(ブラウザの違いだけを揃えるCSS「normalize.css」「sanitize.css」)
・リセットするCSS(全てのスタイルを一旦リセットするCSS「eric meyer reset css 2.0」)
という違いがありますが、どれか1つを選んでhtmlの最初に読み込ませるという点では同じです。

● Normalize.css(GitHubやBootstrapで採用されています。オススメ)

https://necolas.github.io/normalize.css/

● sanitize.css

http://10up.github.io/sanitize.css/

● eric meyer reset css 2.0

http://meyerweb.com/eric/tools/css/reset/

No.4
03/23 21:00

edit

Bootstrap
検索エンジン
css