タグ「PHP」での検索

Vagrant / VirtualBox を使って5分でPHP7が使えるWEBサーバを立ち上げる

とにかく急ぎで検証用環境が欲しい方に。
今回作業するマシンはMac。インストールする仮想マシンのOSは ubuntu とします。

● Vagrant / VirtualBox を使って5分でPHP7が使えるWEBサーバを立ち上げる

Vagrant , VirtualBox の ソフトはそれぞれインストールしておいてください(インストーラーを実行するだけなので簡単です)

● 1. Vagrant を使って仮想マシンをダウンロードし起動する

今回はこのボックスを使用します

https://atlas.hashicorp.com/michaelward82/boxes/trusty64-php7

まず仮想マシンを格納したいフォルダ( Ubuntu_PHP7 とします )を作成しそこに移動します。
ターミナルから

mkdir Ubuntu_PHP7
cd Ubuntu_PHP7

次に vagrant コマンドを使ってインストールと起動を行います

vagrant init michaelward82/trusty64-php7;

インストールが完了すると `Vagrantfile` というファイルが作成されているのでそれを好きなエディタアプリで起動し編集します。
下記の行の先頭のコメントを取って実行できるようにします

  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

再びターミナルから次のコマンドを実行して ssh の接続情報を表示します

vagrant ssh-config

表示例

Host default
  HostName 127.0.0.1
  User vagrant
  Port 2200
  UserKnownHostsFile /dev/null
  StrictHostKeyChecking no
  PasswordAuthentication no
  IdentityFile /Users/hogehoge/.vagrant.d/boxes/michaelward82-VAGRANTSLASH-trusty64-php7/1.1.13/virtualbox/vagrant_private_key
  IdentitiesOnly yes
  LogLevel FATAL

この情報から ssh での接続コマンドが分かるので 実行して ssh 接続します。

ssh vagrant@127.0.0.1 -p 2200 -i /Users/hogehoge/.vagrant.d/boxes/michaelward82-VAGRANTSLASH-trusty64-php7/1.1.13/virtualbox/vagrant_private_key 

【ここから先は vagrant 内の仮想マシンでの作業となります】

・ PHP の足りないモジュールをインストールする。

su - (パスワードは vagrant)
apt-get update
apt-get install php7.0-mbstring

・Apache の設定内の実行ユーザを書き換える

 vi /etc/apache2/apache2.conf

ユーザーとグループを下記のように書き換えておきます

User  vagrant
Group vagrant

・apache をリスタートする

/etc/init.d/apache2 restart

・curl でアクセスして確認する

curl localhost

● ホストマシン mac からも接続を確認する

ウェブブラウザに以下のように入力してアクセスする

http://192.168.33.10/

以上です。

● MacからSFTPで仮想マシンに接続する

さきほど表示したSSH設定にでてきた鍵を使用します。

これをFTPソフトの鍵選択画面から選択してください。  
Mac だとTransmit がお勧めです。  



No.1108
03/22 16:45

edit

Apache
PHP

Mac OSX 10.10(Yosemite)にPHPフレームワークLaravelをインストールする

Mac OSX 10.10(Yosemite)にPHPフレームワークLaravelをインストールする

事前に http://logic.moo.jp/data/archives/939.html からApache , MySQL , PHP5.5 をインストールしておきます。

■ PHP5.5用の php_mcryptをインストールする

(ターミナルから以下を入力)(PHP5.6用をインストールする時は php56-mcrypt と入力)

brew install php55-mcrypt

■ Composerをインストールする

(ターミナルから以下を入力)

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php -d detect_unicode=Off

composerコマンドの準備( /usr/local/bin/composer にコピーする)とComposerインストールの確認

(ターミナルから以下を入力)

cp composer.phar /usr/local/bin/composer
composer

と入力してUsageが表示されればインストール成功です。


■ Laravelコマンドのインストール

composer global require "laravel/installer=~1.1"

laravelコマンドへのパスを通します。

.bash_profile に以下の行を追加して保存

export PATH=~/.composer/vendor/bin:$PATH

laravelコマンドが使えることを確認します。

laravel

■ Laravelプロジェクトの作成(laravelコマンド使用)

(ターミナルから以下を入力)

laravel new my_app

■ Laravelプロジェクトの作成(composerコマンド使用)

my_app2 というディレクトリを作成してそこにインストールしてみます。

(ターミナルから以下を入力)

mkdir my_app2
composer  create-project laravel/laravel my_app2

以上です。

No.940
04/23 19:40

edit

PHP