JavaScriptプログラムに関する各種メモ書き

iMacrosでマクロによる変数代入とJavaScriptによる変数代入

iMacrosではマクロ内で変数 (VAR1 〜 VAR9)が使用できます。
が、そもそもJavaScriptも使用できるので変数を使用したい場合はJavaScriptで扱うのもいいと思います。

iMacrosで変数を扱うサンプル ( imacros_debug.html )

表示用のHTMLページを用意してどこかのサーバにアップしておきます

<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>iMacros debug</title>
</head>
<body>
<form action="test.cgi" name="FM">
!VAR1 : <input type="text" name="var1" id="var1" size="30"><br>
!VAR2 : <input type="text" name="var2" id="var2" size="30"><br>
!VAR3 : <input type="text" name="var3" id="var3" size="30"><br>
</form>
</body>
</html>

iMacrosで変数を扱うサンプルマクロ(拡張子は .js で使用すること) ( set_var.js )

ページ xxxx.xxxx.com/imacros_debug.html を開いてその中のフォームに変数を代入します。

var test;
test = "CODE:";
test += "URL GOTO=xxxx.xxxx.com/imacros_debug.html "+"\n";
test += 'SET !VAR1 "テスト 太郎"' + " \n";
test += 'SET !VAR2 "てすと たろう"' + " \n";
test += 'SET !VAR3 "000-111-2222"' + " \n";
test += "TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:FM ATTR=NAME:var1 CONTENT={{!VAR1}} \n";
test += "TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:FM ATTR=NAME:var2 CONTENT={{!VAR2}} \n";
test += "TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:FM ATTR=NAME:var3 CONTENT={{!VAR3}} \n";
iimPlay(test);
alert('imacrosで変数をフォームに代入しました');

test2 = "CODE:";
test2 += "URL GOTO=xxxx.xxxx.com/imacros_debug.html "+"\n";
iimPlay(test2);
window.document.getElementById("var1").value = 'ジャヴァ スクリプト';
window.document.getElementsByName("var2")[0].value = 'じゃば すくりぷと';
window.document.getElementsByName("var3")[0].value = '000-999-8888';
alert('JavaScriptで変数をフォームに代入しました');

Firefox(やChrome)を立ち上げ、そこからiMacrosを立ち上げてそこから set_var.js を起動すると、1回目はマクロでフォームに変数を代入します。2回目はJavaScriptで代入します。


関連エントリー

No.970
09/02 17:00

edit

iMacros
Firefox