UNIX ( Linux FreeBSD )のシェルコマンドに関する各種メモ書き

unixのシェル( bash )の便利な設定(1文字ショートカットとヒストリ)

● lsコマンドを短縮する

unixシェルで一番よく使うコマンドといえば

ls -la

だと思います。(人によりけりですが。) これを短縮して

l [Enter]

で実行できると便利なので以下のように設定します。

ホームディレクトリ内の .bash_profile または .bashrc に記述

# alias
alias ll='ls -la'
alias  l='ls -laF'
alias  c='cd'
alias  h='history'
alias  g='grep'
alias hg='history | grep '

● プロンプトに現在のパス名、ユーザー名を常に表示させる

またシェルのプロンプトに 「現在のディレクトリパス名」「ユーザー名」を表示させると便利なので以下のように設定します。

ホームディレクトリ内の .bash_profile または .bashrc に記述

# prompt
PS1='[$USER@\H $PWD]$ '

● Unixのシェルにパスを追加

PATH="$PATH":/usr/local/hogehoge  ←追加

とするとパス「/usr/local/hogehoge」を追加できます。

● bashのヒストリ記憶サイズを変更する

export HISTSIZE=50000
export HISTFILESIZE=50000

● 2連続で実行した履歴を何個も残さない( HISTCONTROL その1 )

export HISTCONTROL=ignoredups

● コマンドの前にスペースを入れると履歴に残さない( HISTCONTROL その2 )

export HISTCONTROL=ignorespace

● 全履歴を見て重複コマンドを削除する( HISTCONTROL その3 )

export HISTCONTROL=erasedups

● 上記3つを全てセット( HISTCONTROL その1+2+3 )

export HISTCONTROL=ignoredups:ignorespace:erasedups

● また起動時のシェルを bash に変更するには

whereis bash

で bash のパスを調べて、( 例: /usr/local/bin/bash )

chsh -s /usr/local/bin/bash

とします。

● 上記の設定全部をコピペ用

# alias
alias ll='ls -la'
alias  l='ls -laF'
alias  c='cd'
alias  h='history'
alias  g='grep'
alias hg='history | grep '

# prompt
PS1='[$USER@\H $PWD]$ '

# history
export HISTSIZE=50000
export HISTFILESIZE=50000
export HISTCONTROL=ignoredups:ignorespace:erasedups

関連エントリー

No.95
06/05 10:45

edit

シェル